*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミミの調子がおかしい?
ミミの調子が?

ミミの調子がおかしい…
 普通じゃあない!
   続きはこちら→ 
    10月1日 ミミは不満そう~
今日も昼休み家へ帰って愛と昼食してたら、ミミが下痢と嘔吐して震ってた。
下痢などしたことないのに・・・昨夜興奮して!興奮っていうより、子犬がきて“いきりまくって”やたらにエサを食べ過ぎてお腹パンパンではちきれそうだったので、食べ過ぎによる腹痛かなぁ~?穏やかに暮らしていたのが、子犬の登場で舞い上がったみたい…イベントの好きな家系ですから~しょうがない!子犬と1週間位はミミとの接触はダメなんだって…先生の診察を受けて、それから接触させます。
生き物を飼ってたら色々心配や苦労もあるけど、それ以上に愛に満ち溢れて好きです。 犬は嘘つかないしね!

    10月2日 ミミの調子がオカシイ!
 今日はいよいよ長い長い夏休みを終えて、愛が松山へ帰りました。
ミミとクッキーを1階と2階にそれぞれ寝かせて…3日目を向かえ…お互い少しなれてきたし、クッキーもサークルの中ではじっとしています。朝、家を出るときチョットミミが震っていたのが気がかりでしたので、愛ちゃんをマンションへ下ろしてからトンボ帰りで帰宅しました。
 帰ると有ちゃんが、ミミの調子が悪い…!ずっと震えてて、ハアハア言ってるし気持ち悪いみたいよ…って事で心配で心配で!寄添っても辛そうだし苦しそう…やはりストレスなのか?…食事も食べないし…ついに横になって舌をベロ~って出して、目もうつろ…ママがこれは絶対普通の痛みと違う…どうにかしなきゃ~って熱を計ると40度・・・高熱!獣医へ至急電話!
日曜の夜8時だから出ない!何回かけても留守電…電話帳…電話案内で先生の自宅調べても…無い!車で先生の自宅まで行ったけど、返答なし…日曜だから外出か…?新しく出来た獣医師に急遽電話すると…見てくれるとの事で…速連れて行くと、原因は精密検査しなければわからないが、今日は遅いから無理との事で、大急処置の点滴…!首の付け根に50mmlの注射と抗生物質を注射…はじめての光景にさすがのママもビックリ…犬は首の皮下が厚いから…中にお餅が入ってる位ふくれてても大丈夫なんだと…一晩かけて吸収するとはいうものの大丈夫だろうか…不安を抱きつつ帰宅すると、ママも有ちゃんも『シッカリして…ミミ…ミミちゃん!大丈夫!』って涙ボロボロ!しばらくさすっていると落ち着いてきて、1階に布団を敷いて連れて寝る事にした。3時と5時に水を飲んだ位で…震えは少しあるものの朝まで時間と戦いながら、夜明けが来ました。
       10月3日  獣医の診察結果
両親に連絡し…8時過ぎには先生にも連絡をとれ…すぐさま病院へ…仕事と学校が有るから、先生に任すしかない!
診察の結果、精密検査要!エコーでは後腹部に何かがある…レントゲンでは消化器系には異常なし…腹水が溜まっている可能性大!依然苦しみは続いていたらしい。昼休み状態を見に行くと、緊急手術の必要あり…開腹しないと分からないが、あまり良い物ではない!との事!腫瘍…癌?悪性? とにかく先生に任すしかなく、このままでは生命に危険あり!との事で手術をお願いした。夜、先生から電話があり、全ての精密検査の結果…良くてリンパ腫…悪ければ悪性肉腫!手術して開腹後、捕りきれない可能性も有るし、命にかかわる可能性もあるが、手術で一命を取りとめれば…と翌日緊急オペに決定!
ミミの事で家族みんな途方にくれていました。愛からも携帯に何度も電話かかってくるし…ママはずっと泣いています。
有もお茶碗に涙を落としながら夕食も喉を通りません。ミミの使っていたものが淋しく置かれていて、家族が1人でも居ないというのはとんでもなく淋しいものです。
獣医からの詳しい内容は1日中検査の結果、腎臓の後ろ…背中に近い深い位置に腫瘍らしき物があるとの事、他の臓器(肝臓・肺等)への転移は認められないので、開いて見なければ分からないが、良くてリンパ腫(抗がん剤の効果大)悪ければ血管とか骨、筋肉への浸潤があれば摘出不能の場合があるらい。大きさは現在2~3cmほどであまり
 イイ顔はしていないらしい。昨日白血球の数値が通常の倍くらい有り、熱も
40度…一昨日の苦しみ様はやはり腫瘍から来るものらしい。
今日の熱と状態を見て午後からオペです。今は点滴ライン確保して抗生剤行ってるので落ち着いているけど、籠の中で寝ながら尻尾振られると可愛そうで…悪性で処置不能の場合はどうすればいいのか?
人間ならどんな事をしてでも生きていてほしいけど、一昨日のような息絶え絶えな苦しみを味わすのは見るに忍びない…ってママは今朝も目を腫らして、仕事で顔を隠さなきゃ~って!みんな、みんな知ってる人全て元気で幸せであってほしい…けど生きている事は喜びも哀しみもあり、命あるものは死もあるって事実を痛感させられます。今年の夏にラフィー(シベリアンハスキー 13歳♂)を失ってしまい、なおミミまでもと思うと…でも家族に言ってることは、たくさんの幸せをくれたし…寿命っていう寿!だから…
まだ悪性かどうかも分からないのに、悪く考えるのは良くないのだけど、ミミにとって一番最善の方法ってなんなんだろう~って思ってしまう。獣医のいうには早くて2~3ヶ月ほどで腫瘍が増殖した物でしょう…って!新しい子犬が来てストレスなんだろうか?子犬に家族の気を奪われ生きる気力まで退えてきたんじゃあないのはか?って思ってしまいます。子犬はなにも知らずに、元気ですが昨夜は心持みんなの心境を察しているのか、元気がなく神経質になってました。
クゥ…!にとってもかわいそうだから。
ミミの居ないベットでクゥとじゃれているのが精一杯で、クゥがやってきた、翌日から病状が出始めた…っていうのも不思議というか縁というか?クゥの存在があるだけでも、心の支えになるのは確かですが…ついついクゥのことをミミちゃんって呼んでしまい、ミミの存在がどれだけ大きかったか思い知らされています。 クゥちゃんごめんね!
スポンサーサイト

テーマ : シーズー
ジャンル : ペット

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

おっちゃん

  • Author:おっちゃん
  • 早や人生折返し地点!
    今までターニングポイント☆
        数回…
    生命の危機もあわせれば
    何度進路変更したか…?
    でも、楽しく考えれば
    人生捨てたものではない
        けっこう楽しい
    素敵な人間であるために
       日夜・精進中


最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
♪BGM
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。