*All archives* |  *Admin*

2008/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
芝刈り
いよいよ芝が青々としてきました。 この時期に油断すると新芽ばかりが伸びすぎ、
芝が傷んでしまうので、新芽のカット作業が必要です。
1
 狭い「ネコの額」ほどの庭でも、手入れは結構大変です。 
それに芝となれば、めんどくさがり屋さんには無理かな? 
これからのシーズンは結構芝の手入れが必要です。
3
 
まずは芝刈り用具の準備4
 右から芝刈り機(家庭用 中タイプ)6
 芝の刈り具合は3㎝~0.5cmまで調整可能だし、コンパクトだから狭い庭向き・・・ 
※刈り込んだ芝のカスは集積部へ入り、飛び散らないスグレモノ!

次は壁際や、狭い場所専用の小型バリカンと小型千手バサミ。。。
5
庭もチッチャイから道具まですべてチッチャイ・・・身体(背丈)もチッチャイから
丁度良いけど~って ほっとけぇ~

13
全体に刈り込んだ後は、
8
小型バリカンでトリミング・・・
その後、刈残しを千手バサミでチョキチョキ!10
 結構大変そうでしょ~ でも本人はそう苦になってないから、家族からは『変なヤツ・・・』って
言われ続けてますが。。。↓こちらは姫高麗芝(夏芝)
12
 どぉ~です! この芝の感触♪ 素足で歩くとこれがまた気持ち良いのです。
↓そして半分はベントグリーン(冬芝・・・ってか寒冷地/高原地用 ) 7
 
このベントグリーンを今シーズンの夏場キープできれば、ゴルフ場のグリーンキーパーか
植木屋さんに転職しようと目論んでいます。 
何せ芝の研究と手入れにおいては、
庭木のプロ・・・○○造園の大将のお墨付きを頂いてますから。。。

まっ・・・そんなことはどうでも良くて、
我が家のワンパク娘・・・ クゥちゃんと芝の上で遊ぶことが最大の目的ですから♪
20
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

小旅行 2日目   ・・・その後
いよいよ旅は 石川県 金沢へ
加賀百万石と言えば  兼六園
41

有名な撮影スポットで1ショット
93
 
43

97
 新緑が綺麗で清々しい~
しかし・・・歩いていると これが北陸路の春か・・・と思うほどの暑さ!
汗が吹き出るほど・・・ しばし日陰で涼まないと バテバテ
62
 その後車に乗り込み温度計を見ると。。。な。なんと 気温34度・・・

金沢の地は 五月晴れには恵まれましたが、猛暑・・・って感じ!
車の中はすでにクーラーガンガン状態で金沢市の中心地をぬけ、目の前に近代建築を発見
52
それは金沢JR駅でした。鼓(つづみ)を象った支柱の大門が印象的でオシャレな感じ!
 街並みは街路樹が立ち並び、緑豊富で綺麗に整備された綺麗な町。って感じです。

いよいよ旅行も最終日・・・
お宿は加賀温泉付近にあるリゾート風ホテル。 なんたってゴールデンウイークだから
温泉旅館は高額でブッタマゲル 料金! お料理込みでお一人様 30000円~ なぁんて
小食な我が家の女性軍には、豪勢なお食事もまんろくに頂けない~なんてもったいないので
素泊まり風ホテルをお得なネット予約!
80
しかし到着すると まさにリゾートホテルって感じで、周辺の高級温泉旅館とは全く違い、山中・山城・芦原・そして加賀と・・・温泉のメッカにしては異質な雰囲気です。
しかし、チェックインすると、シンプルで近代的な建物とロビーそして部屋は清潔で素敵でした。
露天温泉はもちろんの事、ウォータースパもあり20メートルの本格プールやサウナそして野外ジャグジー・・・77

 それにエステコースやテニス・・・さらにはゴルフミニコースまで隣接してて
老若男女が楽しめる素敵な宿でした。  これはお奨め宿!
・・・ってなると 黙っていないのは、おっちゃん。 じっとしていられなくて、すぐさま嫌がる娘二人を
説得し、「頼む・・・ 一緒にスパへ行こう ね・・・お願い!」状態で手を引っ張って無理やりスパへ
59
 実は昨年フィットネスクラブで半年練習したスイミング中級クラスの泳ぎを見せ付けたいのが目的。
大満足のおっちゃんでした。62
 
57

いいカッコを見せ付けて大満足の後は、いよいよ旅行最後の夕食
金婚式ってことで軽いディナーをセット
68
 前菜が綺麗でしょ♪
70
ワインも少々入れて 「乾杯~♪」
71
メイン料理はそれぞれに魚
72

73
お肉と・・・ それぞれお好みでオーダーし 大満足。。。
74
ラストにスイーツで締めくくり、今回の旅は終わりです。
 
親父の 喜寿  そして金婚式・・・ いつまでも夫婦元気でいて下さい。
69
 楽しい旅行ができました。 
じいちゃんが最後に一言 「また連れて行ってくれの・・・」 って!

テーマ : 北陸旅行記
ジャンル : 旅行

小旅行 2日目
さて、2日目・・・ 春の北陸とは言え、なんて暑いのでしょう~
車の温度計を見ると、まだホテルを出発して間もない午前9時なのに気温27度。。。
80
 アイスソフトでも食べたくなるよ~全く。。。 おっちゃんは大好きな抹茶ソフト・・・そしてじいちゃんへは、珍しい ワサビ味ソフト・・・ 「ぴりりと美味しいよ~」って言う店員さんの声に引寄せられ、買ってしまった~ その味とは?? もちろん抹茶はgood♪ しかしワサビは???NG・・・
ソフトクリームとなめてかかって、味見したのは良いけどパクリトいったものだから、鼻に突き上げる衝撃的な辛さは・・・ ?  二度と買うことは無いでしょう。。。 なのにじいちゃんはペロリと完食。。。
味覚が鈍いん?  って感じ。

ワサビソフトでワイワイ言っている間に、車は福井県に入り、そして断崖絶壁で有名な『東尋坊』へ。
83  
昨日に続き五月晴れは旅行の一番の贅沢です。

 85

208
しばし迫力の断崖絶壁をご覧下さい。029
 031
  ここから下まで30メートル以上はあるでしょうか・・・032
 お尻が『ぞぞぞぉ~』として、立ってることなどできません。 034


 208
 ついにおっちゃんも断崖絶壁から 「アレェ~ タスケテェ・・・」030
 日本海の藻屑と消えてしまいました。  
51
 
035
おっちゃんは荒波にのまれ、今やイカと一緒に干されて036
 哀れ・・・039
 海産炭火焼になったらしい。 そして『おもいっきりテレビ』に紹介され57
有名になったとか?何とか・・・ なにはともあれ、イカ焼き・たこの足焼き・サザエなど・・・最高に美味でした。  038
 ビールを飲めずに世を去ったのが無念でしたが・・・ 運転手だからしょうがないけど~037

テーマ : 北陸旅行記
ジャンル : 旅行

春の小旅行
なにか懐かしいローカル列車・・・93
 こんな風景が懐かしく思えだすって、年なんでしょうか?
春の陽気に誘われ、ローカルな景色とおだやかな春の日本海へ旅行してきました。
54
天の橋立で有名な京都府、舞鶴へ・・・ 55
 四国から車で5時間、京都舞鶴は穏やかで静かな町でした。
2
 
本年正月で金婚式を向かた両親のお祝い、さらに親父の喜寿を祝って・・・83
家族で小旅行です。631

喜寿。。。 いい響きの祝い事だし、七十七って数字がとっても縁起がよさそう・・・
結婚50周年の金婚式も迎え、両親とも元気です。
86
天橋立を一望するために、リフトに乗ってラクラク散歩。618

  62
今年のゴールデンウイークはとっても天気良く、春の風が心地よい~63
65
リフトからの景色も絶景です。67
68
ばあちゃんも2月に目の手術で1ヶ月近く入院してたけど、今や快復し元気・元気です。70
じいちゃん 降りるときこけんように~
74
リフト到着し後ろを振り向くと、まさに絶景・・・さすが日本三景です75
 おっちゃんも金婚式
迎えられるように精進せねば・・・79
ってなんの精進だぁ~78
しかし綺麗な景色、誰が名づけたか知らないけど、本当に天に橋が架かったごとくに見えてます。
77
626
これが有名な股覗きポーズ
って訳でお昼時になり、御食処を探して寺町を散策52
3
2

42

美味しそうな本格派手打ちそば屋さんを見つけ1001
98
美味しい、そばで舌鼓♪
店内の雰囲気も最高でした。96
95
63

美味しいものを頂いた後、舞鶴引揚記念館へ行き、戦後の敗戦の傷跡を見て、ばあちゃんの引揚げ体験の凄まじさを改めて実感させられました。
その中で一番衝撃的だったのは、中国から当時のロシア、シベリア地区へ抑留される何百人もの、日本兵の捕虜の一団の写真でした。写真の片隅に一般人が写っていて、こわごわとその捕虜一団を見送っている場面です。 その写真を見ながら、ばあちゃんがこんな風に語りました。
「私もこのような場面に遭遇したのよ・・・数百人の捕虜の方達が傷つき疲れ果てた身体を引きずりながら歩く姿は、全員ヒモで縛られ自由はもちろん生気・精気まで奪われたドブネズミのようだった・・・
その方達が、私達日本人の子供達を見るなり、ボロボロになったリュックサックから限り少ない保存食を我先にと取り出し、私達に投げ渡してくれたのよ・・・そしてこう言った・・・」 「お前達は絶対生きて日本へ帰るんだぞ・・・祖国帰って私達の分までしっかり生きるんだぞ・・・そして愛する我が日本を守ってくれ・・・」      
 しばらくの間その写真の前から離れられませんでした。
そんな経験をした引揚げ者が、ここ舞鶴に数万・数十万と祖国の地を踏んだのです。
激冷・極寒のシベリアの地へ抑留され強制労働による疲労と衰弱で亡くなられた方々の影を引きづりながら。 そう思うと今のこの平和と幸福を絶対守っていかなければなりません。
写真に一礼することしかできずその場を離れました。
この舞鶴は戦時中から海軍の帰港基地があり、今でも海上自衛隊基地であり、自衛艦が沢山停泊していて、当時の情景が感じ取れます。
67
34
35
06

1泊目、舞鶴のお宿はゴールデンウイークであり温泉旅館は取れなかったのでネットから取った、近代的なホテル。目の前が舞鶴港に面していて、快適なホテルでした。
71 そして夕食。07
09
72
創業100年を超え皇族もお泊りになる旅館の割烹を予約し、日本海の海の幸を頂きました。40
11
時節柄、端午の節句にちなんだお料理にしばし舌鼓。
14
珍しいお料理もあり、みんな大満足。
                                   5月3日  旅行1日目でした。
プロフィール

おっちゃん

  • Author:おっちゃん
  • 早や人生折返し地点!
    今までターニングポイント☆
        数回…
    生命の危機もあわせれば
    何度進路変更したか…?
    でも、楽しく考えれば
    人生捨てたものではない
        けっこう楽しい
    素敵な人間であるために
       日夜・精進中


最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
♪BGM
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。